眠る前のわずかな時間を使って

毎日の生活の中でも、とくにリラックスできる瞬間としてベッドの中で眠る直前を挙げる方も多いのではないでしょうか?
身体の疲れを癒すことができる時間でもありますので、この時間にもっともリラックスすることができる、という方も少なくないはずです。

ベッドの中で何かをすることによってリラックスすることができる、という方も少なくないようです。
一般的には、眠る直前にベッドの中でスマートフォンを使用したり、読書をすることはあまり良くないことである、と言われています。
しかし、リラックスタイムを楽しむ、という視点で考えてみると、それもそれほど悪い事ではないと言えるかもしれません。

あなたも、眠る前のわずかな時間を利用してリラックスタイムを楽しんでみてはいかがでしょうか?
もっとも自分の世界を楽しむことができる時間
ベッドの中で眠る直前の時間は、もっとも自分の世界を楽しむことのできる時間と言われています。
この時間を利用して好きな本を読んだり、音楽を聴くことによって、とてもリラックスした状態で幸福感を味わうことができる、という方も少なくないようです。

スマートフォンは眠る直前の暗い部屋の中であってもバックライトによって、読書を楽しむこともできれば、ウェブサーフィンをすることもできますし、さらに音楽だって楽しむことのできるツールです。

これを利用して、ベッドの中であなただけの幸せな時間を楽しむことができるのです。
眠れなくなってしまうことはないの?
ただ、読書やウェブサーフィンに夢中になりすぎてしまった挙句に、眠れなくなってしまうのでは?という不安を抱く方も少なくないでしょう。

しかし、本当にリラックスすることのできる空間を作ることができていれば、それによって眠れなくなるどころか、とても自然に睡眠に入ることができるはずです。

逆に翌日の仕事のことなどばかりを考えて、眠らなければ!と強く考えてしまうと逆にストレスを感じてしまい、その結果眠れなくなってしまうこともあります。

睡眠を妨げるからといって、好きな事をやめてしまうことだってストレスになってしまうかもしれません。
スマートフォンに依存することは悪いことではない?
近年、スマートフォンを手放すことができない人が多くなってきていることを問題視する方も少なくないようです。
しかし、スマートフォンに依存することは悪いことなのでしょうか?

いつでもさまざまな情報を入手することができ、いろんな人と連絡を取り合うことのできるツールを手放すことができなくなってしまうのはごく自然なことでしょう。

便利だからいつも持っているだけで、「依存」と考える必要はないのではないでしょうか?

そう言ってしまうと、古い時代から人間はさまざまな道具に依存してきました。

これに依存してしまうのはあまり良くないことだ…そう考えてできるだけ使わないようにしてしまうと、今度はそれがストレスの原因となってしまうかもしれません。

一般的にはあまり良くないこと、と言われていても、リラックスするために、と考えるとむしろ良い効果をもたらしてくれるものも少なくありません。
スマートフォンだってその一つです。あなたのリラックスタイムのために必要なのであれば、どんどん使用すべきなのです。