男性のプチうつ病を解消させるために

経験したことがあるという方が多いプチうつ病。すぐに解消されるといいのですが、その状態が長く続くと非常につらいものがあります。そんなときに味方になってくれるアロマオイル。季節に合ったタイプをご紹介していきます。

春先のプチうつに効果的なアロマオイル

厳しい寒さが和らいで、少しずつポカポカ温かくなってくる季節です。空気から漂ってくる匂いが春めいてきてほっこりしますね。ところが、新しい環境が始まる場面が多いことから、プチうつ病を発症する方がとても多い時期でもあります。小さなストレスが積もり積もって大きなストレスになり、自分ではコントロールできなくなってしまうのです。心のバランスが乱れると体にも悪影響を及ぼします。

そんなときに効果的と言われているのが「ユーカリ」「ラベンダー」なんです。ユーカリの香りは心の中で感じている息苦しさを開放してくれるようなスッキリとした爽快感を味わえます。ラベンダーは自律神経を整えてくれる作用をもたらします。

暑さ厳しい夏に効果的なアロマオイル

夏の厳しい暑さは本当に体も心も滅入ってしまいますね。冷房が厳しい施設もあるので、外気の暑さと室内の寒さで体に負担がかかり、自律神経が乱れてプチうつ病を発症しやすくなると言います。

そんなときに効果的なのが「ひまし油」「ネロリ」「ベルガモット」です。ひまし油は民間療法で使われることが多く、小腸の働きを整える、肝臓を解毒する作用が期待できます。「ネロリ」は、厳しい変化に対応してくれる効果が期待できます。暑さ寒さに体参っているときに効果的なんですね。天然の精神的安定剤として広く使われています。「ベルガモット」は男性に特に人気のある香りを放ちます。柑橘系なのに甘さがなくスッキリとした香りです。枕カバーにオイルを数滴垂らすと、安眠を誘う効果があると言われています。

日照時間が短くなる秋に効果的なアロマオイル

厳しい暑さが終わり、涼しくなってくるころは体がなんとなくほっとしますね。そのため、プチうつ病とは無縁と思われがちですが、日照時間が夏に比べて短くなることから、環境の変化に体と心が付いていけない方がいるんですね。よく眠れない、という方が多くなるのもこの時期です。

そんなときにお勧めしたいのは「ベンゾイン」「サンダルウッド」です。ベンゾインはバニラの香りが特徴的で、木の樹皮から取れます。濃厚な甘い香りはリラックス効果をもたらしてくれます。「サンダルウッド」は古い時代に、神聖な香りとして宗教の儀式にも使われていました。瞑想、祈りなどに使われていたのは、ゆったりとした気持ちを誘います。性的障害を改善させる効果も期待できるようなので、EDで悩んでいる方は試してみる価値がありますね。もちろん、専門機関を受診して専門医に見てもらうことも大事です。必要ならばバイアグラなどの薬を処方してもらえます。

アロマオイルは本当にいろんな種類があるんですね。ひとつの症状に合うアロマオイルの中から、自分が一番「心地よい」「落ち着く」と感じるものを選んでみてください。その日の気分に合わせてアロマオイルを使い分けているという上級者もいるようですよ。


色々なアロマオイルについて~専門家がおしえます

ボックス画像1

アロマ/エッセンシャル違いと種類

ボックス画像2

EDを克服!アロマセラピー

ボックス画像3

セックスの気分を盛り上げるアロマ

ボックス画像4

香りを楽しむ方法~リラックスのために

Copyright© セックスを盛り上げるアロマリラクゼーション All Rights Reserved.