セックスの気分を盛り上げるアロマ

ハーブの香りは古くからセクシャルな気分を盛り上げるのに使われてきました。性的障害の改善に使われていたものもいくつかあります。マッサージオイルに混ぜたり、お風呂や寝室で使って「媚薬」の効果を試してみてください。(催淫効果のあるハーブは香りや効能が強いので、妊娠中の方には向かないものもあります)

 サンダルウッド~エキゾチックでセクシーな香り

インド原産の木の幹から採れるハーブ。お香にも良く使われています。エキゾチックで濃厚な香りは古くから媚薬として用いられてきました。夜のイメージをもつセクシーさが魅力です。エッチな気分を盛り上げたいカップルに使ってほしい香り。鎮静効果もあるので、リラックスしたいときにも使えます。

 ローズ~万人に愛される恋の媚薬

鑑賞用としても大変人気がありまるローズ。昔から催淫効果があることでも知られています。古代インドの経典「アーユルヴェーダ」にも、ベッドの上にバラの花びらを撒くのがよいとの記述があります。生理痛や子宮の機能を整える働きがあるとされています。香りも優雅で誰にでも使いやすいアロマです。

 バニラ~幸せの香りでケンカも解消

お菓子の香りづけに使われるバニラにも催淫効果があるといわれています。ケンカ中のカップルもバニラの甘い香りで幸福感を感じられるのだとか。バニラの精油は手に入りにくいのですが、お香だと割と安価なものが見つかります。ケンカしたときは、彼や夫にバニラビーンズ入りのお菓子をプレゼントして仲直りするとよいかもしれません。

 ブラックペッパー~心身にスパイスのパワーを

スパイシーな香りでやる気をアップさせます。血行を促進する作用もあり、心身に活力を与えてくれます。パスタや炒め物など料理にも手軽に使えるので、ちょっとお疲れ気味の時にピリッとした香りと味で元気を補充しましょう。

 ネロリ~バランスのよいロマンチックな香り

フローラルと柑橘系が程よくミックスされ、うっとりするような幸福な香りがします。生花は花嫁の冠としてよく使われています。肌への刺激が少ないので、敏感肌の方にも使いやすい精油です。スキンケアにもよく使われ、妊娠線の予防にもよいと言われています。

香りはムード作りにとても役立つアイテムです。布に染み込ませたり、お香で楽しんだり、いろいろなバリエーションを楽しめるのも魅力です。エッセンシャルオイルをセクシャルなシーンに活用して二人の時間を素敵に演出してください。

色々なアロマオイルについて~専門家がおしえます

ボックス画像1

アロマ/エッセンシャル違いと種類

ボックス画像2

EDを克服!アロマセラピー

ボックス画像3

セックスの気分を盛り上げるアロマ

ボックス画像4

香りを楽しむ方法~リラックスのために

Copyright© セックスを盛り上げるアロマリラクゼーション All Rights Reserved.