セックスレス克服記その②

本格的なセックスレスに突入

セックスレスの原因でかなりのウエイトを占めるのはやはり、出産前後の妻と夫の心境の変化でしょう。妻は子供のことに手いっぱいとなり夫にかまう余裕がなくなります。すっかり母になってしまった妻を見て夫は性欲が湧かなくなるといいます。
特に立ち会い出産で赤ちゃんが生まれる瞬間を見た多くの夫は妻とのセックスがうまくいかなくなるそうです。私は立ち会い出産ではありませんでしたが、妊娠出産を機にまったく男と女の関係を忘れてしまったかのような状態が長く続くことになってしまいました。

初めての育児に全力投球の私

子供が生まれると妻の生活は一変します。まず、1、2時間おきの授乳とおむつ替えで、睡眠が十分とれなくなります。昼間も同様、授乳とおむつ替えプラスわけのわからない泣きに付き合って1日中抱っこにおんぶ。家事も思うようにはかどらず家の中も片付きません。

夫とコミュニケーションを図ろうと思うのですが、添い寝しているうちに自分も寝てしまい、朝を迎えるというその繰り返しです。
もはやバストは母乳製造機と化して一日中フル稼働しています。授乳しながら寝てしまいおっぱい前開で朝までそのままということもありました。きっと夫もあきれていたに違いありません。

そのころ夫は

変わりゆく妻の生活と体を見て戸惑っていたことでしょう。しかし父親としてはよく頑張ってくれ、子供をあやしたり、休みの日には家事を手伝ってくれるなど、とても協力的でした。子供を中心に平和な家庭を築いていたとおもいますが、セックスはおろか手をつないだり、体に触れること自体もほとんどなくなっていました。

これもずっと後に夫から聞いたことですが、胸に触ったら母乳が飛び出してきそうで触れなかったそうです。

夫は赤ちゃんの飲み物と化したおっぱいには触れなかったのですね。そこまで気にしない男性もいるかもしれませんが、全体的に母乳の出るおっぱいに性的アピールを感じる男性は少ないと思います。母乳育児を目指すお母さんには厳しい現実ですが、この、子育てで一番大変な時をどう乗り切るかでその後の夫婦関係が変わってくるのだと思います。

スキンシップをたやさないことが最重要

手もつながないような関係を続けていると相手に触れることや、肩がぶつかるような距離にいることにさえ、戸惑いを覚えるようになります。気持ちはスキンシップを取りたいと思っているのですが体がいうことを聞かない感じです。ですから、肩を軽くたたいたり、手をつなぐなどのスキンシップを継続的に行うことがとても大切です。体にさわれない状態だとセックスへのハードルがものすごく高くなってしまうのです。これは男女ともにいえることだと思います。

疲れをとるアロママッサージを別のページに記載していますので、仕事で疲れた旦那様にしてあげるもよし、育児疲れ解消のために奥様にしてあげるのもよい方法だとおもいます。5分くらいで終わりますからぜひ試してみてください。

色々なアロマオイルについて~専門家がおしえます

ボックス画像1

アロマ/エッセンシャル違いと種類

ボックス画像2

EDを克服!アロマセラピー

ボックス画像3

セックスの気分を盛り上げるアロマ

ボックス画像4

香りを楽しむ方法~リラックスのために

Copyright© セックスを盛り上げるアロマリラクゼーション All Rights Reserved.