セックスレス克服記その①

かれこれ3年半以上も続いたセックスレスに終止符を打つことができました。
書きつくせないほどの心の葛藤がありましたが、今現在悩んでいる方のために少しでもお役に立てればと、当初からのことを思い出しながら綴っていきたいと思います。

始まりは新婚時代から

今思えば、そもそもセックスレスの始まりは結婚当初からだったのではないかと思います。付き合っている頃は会えば毎回セックスしていたのに、同じベッドで寝ていてもなかなか行為に至らなくなってしまっていました。
結婚したらいつでもできると思うからでしょうか。彼のあまりの変わりようにとまどいを覚えたものです。

何か特別な原因があったとは思えず、悶々とする日々が続きました。
月に1回以上性行為がなければセックスレスという定義がありますが、当時は何とか月1を保っていましたので、厳密にはセックスレスではなかったかもしれません。 しかし、新婚夫婦の平均からいえば、いささかさびしい状況だったのではないでしょうか。

夫の過去のトラウマ

ずいぶん後になってから聞いたことですが、どうやら夫は結婚前に付き合っていた女性から傷つけられた経験があったようなのです。男のプライドが邪魔するのか詳しい内容は決して教えてくれませんでした。 そして、私が何気なく発した一言によってそのトラウマが再燃してしまったようなのです。
さほど誘ってこない夫に「あんまりエッチじゃないんだね」と言ってしまったのですが、今思えばかなりまずい言葉です。彼にとっては「性的に弱いね」と言われたのと同じことなんですよね。性的なタフさは男のプライドと直結していますから、こんなことを言われたら傷ついてしまうのは当然です。たとえ本当に淡白な男性でも人にはいわれたくないものでしょう。 それ以来セックスレスの日々がかなり長く続くことになってしまいました。

男性は女性より繊細、そして単純

性の事に関してはまちがいなく男性の方が繊細です。女性はさほど乗り気でなくてもセックスすることは可能ですが、男性は勃起できなければセックスできません。それがかなりのプレッシャーになっていることは間違いないでしょう。

かなり古い時代から男性機能を高めるための媚薬が開発されていることからも、男性の切なる願いを感じ取ることができます。現代ではバイアグラ等のED治療薬でかなりの確率で治療することができるようになったので、男性にとっても女性にとってもありがたい時代です。心理的な原因でEDになってしまった場合はなかなか自然に改善するきっかけをつかめないもの。メンズクリニックに行ってED治療薬を処方してもらうことが精神的なお守りになってうまくいった、というケースもあるようです。

女性ができることで効果を発揮するのは、ほめて男性をその気にさせることだとおもいます。ペニスの状態(大きさとか固さ)を口に出してほめることは男性を喜ばせ自信をつけさせることができます。

また、日常生活で私が有効だと感じたのは他の男性と比べてほめること。友達夫婦数組とバーベキューをしたとき彼が活躍していたので、素直に「あなたが一番かっこよかった」といったところ、ほんとうにわかりやすく喜んでくれました。その夜は珍しく彼が積極的に求めてくれたのです。この方法は特に男性に対しておすすめですので、ぜひ試してくださいね。口先だけの言葉は見破られてしまいますから、多少でも実感を伴っていないと伝わらないかもしれませんが・・・。

色々なアロマオイルについて~専門家がおしえます

ボックス画像1

アロマ/エッセンシャル違いと種類

ボックス画像2

EDを克服!アロマセラピー

ボックス画像3

セックスの気分を盛り上げるアロマ

ボックス画像4

香りを楽しむ方法~リラックスのために

Copyright© セックスを盛り上げるアロマリラクゼーション All Rights Reserved.